品質,信用,革新,必死に頑張ります
ホーム » 企業理念 » CSR活動 CSR活動
華智社員は重病にかかった同僚の為に愛を捧げる
2009年07月26日

近日、華智科技は全社員に向け、「どこに灾难があっても,かならず、四方八方から応援がくる」ように呼びかけ、重病にかかった社員の潘さんにお金を寄付する。

潘さんは「赴日研修生」の一期生で、2006年8月に入社し、2007年8月からの約2年間日本のお客様の現場で研修していた。在日期間中、彼は懸命に勉強し、積極的で、勤勉に働いたので、お客様からも高い評価を得ていた。帰国して間もない2009年の7月下旬、彼の身に不幸が訪れた。難病を治療するため、100万元近い医療費が必要となった。ゆとりのない家に生まれた彼にとって、巨額の医療費はまるで泣き面にハチだ。潘さんの病状は社員の関心を集めた。今回の「愛心寄付行動」は会社高層部と労働組合からの大きな支持を得た。提議書を発表した当日、会社高層部は率先して全社員に向け潘さんに援助の手を伸ばし、この難関を乗り越えられるよう呼びかけ、病院へ見舞いに行った。呼びかけに応じて社員達は相次いでお金を寄付し、「華智人」の団結と相互扶助の精神を見せた。華智日本支社及び協力会社からも大きな援助をもらい、短期間で10万元の献金を募った。

会社の幹部らは全社員の熱い思いを込めた寄付金を自らの手で潘さんに渡した。この寄付金が彼に病気と闘う自信と勇気呼び起こすよう祈る。

下一条:華智社員は被災地区の為に愛を捧げる
企業理念
お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
粤ICP備030558号